Free HTML5 Website Template

修了生の声

過去に講座を受講した修了生の声をご紹介いたします!どんな動機で参加し、今現在の仕事にどのように活かされているのでしょうか?

修了生の方の声をご紹介いたします。

SCL養成講座を修了して…

中野さん

中野遼子さん (国立大学 教員、SCL3期生)

「言葉」だけではなくデザインや画角など科学的に捉える試みが面白かった!

多様な専門の先生が講座を担当されていて興味を持ちました。 特に、身体を使った社会人向け講座がどんなものなのか非常に興味深かったです。 特にいいむろなおきさんは、[...]

続きを読む


河村さん

河村和広さん (株式会社島津製作所、SCL3期生)

今の仕事に結構ぴったり当てはまるな。というところで興味を持ちました

SCLのウェブサイトを見てみたところ、「専門分野や立場が違う人たちと、意思決定やコミュニケーションをとることで困り事はありませんか?」とかというようなことが[...]

続きを読む


受講した修了生のデータ

受講前後の期待度

期待通りまたは期待以上と答えた修了生が88%でした。

受講目的

理論や技術の修得の他に、人脈形成を目的に受講された方もいらっしゃいました。

受講生の職業・専門分野

教育・学習支援業の他に、情報通信分野や医療福祉など多様な分野の方が受講されています。

修了生の声(修了生インタビューより)

修了生中野さんタイトル

ー受講動機は?

多様な専門の先生が講座を担当されていて興味を持ちました。 特に、身体を使った社会人向け講座がどんなものなのか非常に興味深かったです。 特にいいむろなおきさんは、日本を代表するパフォーマーなので、「本物を見たい」というのが一番ありました笑。


ー講座で印象に残っていることは?

コミュニケーションのことを、「言葉」だけではなく、デザインや画角など科学的に捉える試みが面白かったです。
塩瀬隆之先生の「コミュニケーションはイマジネーション」という言葉もとても印象に残っています。「いかに想像力をもてるか?」「問いの立て方、その順番」はその後、自分の仕事でも意識するようになりました。
理論だけではなく、実際にグループで体験しながら講座が進んでいったので実感しながら理解することができたのも良かったです。


ーSCLをどう活かしていますか?

私は大学で主に留学生のための授業を担当しています。
コミュニケーションは属人的に考えられがちだけど、環境をデザインすることで解決することがある。というのも授業の中で意識するようになりました。
また、いいむろさんの講義では、言葉を使わないコミュニケーションについて学ぶことができたので、教えていただいたメソッドを直接的にも間接的にもふんだんに使わせていただいております。



修了生河村さんタイトル

ー受講動機は?

SCLのウェブサイトを見てみたところ、「専門分野や立場が違う人たちと、意思決定やコミュニケーションをとることで困り事はありませんか?」とかというようなことが書いてあって、ちょうど私の今の仕事に結構ぴったり当てはまるなというところで興味を持ちました。
私はメーカーの技術職なのですが、社内社外でいろんな立場の人といかにコミュニケーションをとりながら進めることが重要と感じていたため、自身の仕事に役立ちそうだと思いました。あとは、事前説明会のミニワークショップが純粋に楽しかったっていうのがあって、参加を決めました。


ー講座で印象に残っていることは?

最後に参加者自らがワークショッププログラムを作って実践する実習プログラムですね。
多種多様な属性の方(職業、年齢など)がこの講座を受講されていて、そこでメンバーと協力してワークショップをつくりました。この中で、今まで仕事とかでもなかなかこんなにコミュニケーションについてここまで本気で考えてアウトプットするという機会がなかったので、非常に印象に残っています。
同じ講座を受けてきている中でも、立場が違うと感じていることや気づきが全然違って、それを知れたこともとても学びになりました。仕事なり日常の生活にもやっぱり役に立つなあと。


ーSCLをどう活かしていますか?

「違いを意識する」っていうところを意識的にやるようになりました。
例えば、社内や社外の人とディスカッションをしてる中で、ちょっと気になるところとがあっても、これまで半ば分かった気になって流していたところを、場面によってはちょっと意識して『ここはどういうことですか』と、質問や確認をとるようになりました。コミュニケーションを円滑にしようっていう雰囲気には繋がっているかなと思います。
あとは、会議を進めるときに小さいところだと、座る椅子の位置や、机の向きにも気を配るようになりました。あとは大きいところだと、ファシリテーションのテクニックとかマインドとか、今までよりも意識が上がったし技術的な自信にも繋がりました。